MESSAGE

経営TOPから未来を担う君へ

クリエイティブな発想は、すでにあなたに備わっている。
失敗してもチャレンジできる環境があるので、
安心してエンジニアを目指してほしい。
それが、あなたの天職かもしれない。
代表取締役社長茂手木 雅樹
今、エンジニアの「働くスタイル」は多様化しています。例を挙げるとすれば、各メーカーが開発する商品のライフサイクルが以前に比べると短くなり、より多くの技術力、対応力が求められる時代になりました。またグローバル化に伴い、参入してきた海外メーカーとの競争の激化や、メイドインジャパンとして誇ってきた日本メーカー工場の海外移転など、最近は「ものづくりに関するいいニュース」がなかなか聞こえてきません。
実は、このような背景が、エンジニアの安定した雇用に影響を及ぼしています。


このような状況の中で、私たちアウトソーシングテクノロジーは、主に製造業やIT分野の多種多様なクライアントとエンジニアの架け橋となり、その時代のニーズに合わせた柔軟性で、技術者雇用を促進するプラットフォームとして社会に貢献してきました。中でも大きな強みとなるのが、エンジニアの高い「技術力」と「人間力」です。エンジニアの教育に力を入れると同時にクライアントとエンジニアのマッチングを高めることで、社員教育に対する時間、費用を惜しまない業界トップクラスのサポート体制を確立、しっかりとした住宅手当などの福利厚生はもちろん、専門の研修子会社を備え、女性エンジニアの積極雇用など、エンジニア一人ひとりの成長やキャリア形成をアシストしています。
「出来ない」と決めつけず、可能性を追求する社風が、若い人に幅広いチャンスを与え、結果として会社の成長を支えていると考えています。

実際、業種に縛られず幅広い経験を積むことで、エンジニアは新しいスキルを高めることができます。そこで、派遣先での業務が向いているということであれば転籍も可能という、支援制度も導入。こうしたことも我々の「イズム」が社会に浸透していく、いい機会と捉えています。
一方で、エンジニアが私たちの会社にいる存在意義も生み出したいと考え、既成概念にとらわれない多様な事業として、社内での新しいビジネスが生まれやすい環境づくりやファンド事業なども検討中です。

変革を迫られている日本のエンジニアですが、高い開発力や調和力といったアドバンテージも少なくありません。生産地が日本以外であっても日本メーカーの製品が世界で評価されるのは、ただの「Made in Japan」ではなく、日本ならではの良い教育やチームワーク、感受性などの付加価値を提案できる「Designed in Japan」のクリエイティブな領域が優れているからです。
皆さんの中にも、そのようなポテンシャルがきっとあるはずです。私たちアウトソーシングテクノロジーは、皆さんの可能性を引き出すため、順調でない時でも、万全のフォローアップができる体制を整えていますので、キャリアチェンジも可能なエンジニアとしてのあなたの天職を、ぜひアウトソーシングテクノロジーで一緒に見つけませんか。